Carl Meyer Speed 60mm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

製造年:不明(1960頃?)
レンズ構成:3群7枚 ゾナータイプ

Production year: Unknown(1960?)
Composition: 3groups 7lenses(Sonnar type)

Lens Impression

このブランド名は1927年頃に米国のGeorge Druckerによって考案されたもので、Burke and James社に主に供給されました。
Carl Meyer Speedは同社の高速レンズに付けられた名称で、1960年頃には、以下がカタログにリストアップされていた。
  16mm f1.9
  25, 60, 75, 140mm f1.5,
 50, 60, 100, 125mm f2.0
  25, 35, 40, 50, 75, 100, 125mm f2.3
  100mm f2.9
  300mm f3.0
そして25mm f0.95  の多様なレンズが揃えられていましたが、f1.5のCarl Meyer Speedレンズは、その多彩な焦点距離の割には、現在あまり目にする機会は多くありませn。
この60mmf1.5の構成は3群7枚の典型的なf1.5ゾナー型です。 これ以外の焦点距離のSpeedレンズの構成についてはよくわかりません。

The name of Carl Meyer was named by George Drucker and most of lenses were supplied to Bruke and James Company.
'Speed' is the name given to their fast lens group whose line-up at 1960 are as follows,
  16mm f1.9
  25, 60, 75, 140mm f1.5,
 50, 60, 100, 125mm f2.0
  25, 35, 40, 50, 75, 100, 125mm f2.3
  100mm f2.9
  300mm f3.0
  and 25mm f0.95
lens.
We seldom find Carl Meyer Speed f1.5 in recent market althourh there were several kind of focal length.
The composition of 60mmf1.5 is typical Sonnar f1.5 type of 3groups 7lenses. Others unknown.


 Photos with Carl Meyer Speed 60mm f1.5
 
2013
Yanagi-Bashi, Shinagawa post-town festival
(柳橋と品川宿場祭)

さすがのf1.5ゾナータイプの実力で、どの絞りでも非常に安定した描写をしめします。
開放では、若干顕著なフレアが画面全体に入りますが、これはオリジナルのゾナー以上です。
ただし、私にはとても好みのソフトさで、よくここまで残してくれたとさえ思います。
品川宿場祭りには、江戸時代の扮装をした人がたくさんいて、とても素晴らしい被写体になっていただきました。

This lens shows very stable description at any aperture because of the performance of Sonnar type.
I saw a little strong flare/halo at full aperture which is stronger than the original Sonnar f1.5
But it is my favorite type of softness and felt so grateful to the Lens Designer.
There were many people dressing up and making up as people at Edo Era who were very cooperative as the subject of my photo shooting.

 
home