Lumitar 5cm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

製造年:1942年頃
レンズ構成:不明(5群8枚 ゾナー・ガウス折衷型と推定

Production year: c1942
Composition: unknown (est. 5group 8lenses
    hybrid Sonnar and Gauss type)

Lens Impression

まさに謎のレンズと言ってよい正体不明の1本です。1942年に日本光学機械研究所(日本光研)で製造が始まったレントゲン間接撮影用カメラに装着されていたことはわかっていますが、それ以上の情報がまだ見つかっていません。
レンズの外観は当時レントゲン間接撮影用レンズとして最高とされていた、ツァイスのゾナーf1.5とほとんど同じと言ってよいくらい似ていますが、メッキの材質やネジの切り方などが異なり、日本製のレンズのように思われます。
レンズ構成も全くわかりませんが、レンズを可能な限り分解してみた結果、前群がゾナーのもの、後群がガウス(しかも最後部は2枚の凸レンズに分離)らしいという推論に至りました。
レントゲンレンズらしく絞りもヘリコイドもありません。本来の使用場所が暗闇でわずかなX線の蛍光を拾うわけですから、レンズ内部の処理も一般レンズに比べて十分ではないため、開放ではかなりフレアもある暴れ玉です。



Up to now, this lens is a real unidentified lens of its origin, but only known to have been equipped on X-ray indirect photography cameras made by Nippon Kogaku Kikai Lab. which made their first camera in 1942.
The outlook of this lens is very similar or almost same to the Zeiss Sonnar f1.5 which was regarded as the highest as an indirect photographing lens at that time. The lens composition is also unknown , so I made a effort to disassembe the lens as much as possible, and reached to the assumption that the composition should be a hybrid type of Sonnar in front and Gauss in rear.
As it is a lens for X-ray photo, it has no diaphragm nor helicoid. The original position used in very dark room, the light control inside the lens is not enough as other normal lenses, it gives me more flare in full open aperture.


 Photos with Lumitar 5cm f1.5
 
2018
Ebisu
(恵比寿)
 
東京都写真美術館の図書室で資料の検索を行った後、代官山方面に散歩しつつ、この珍しいレンズの試写を行いました。暗闇専用として生まれ出た個体にとっては、とても眩しい時間だったでしょう。まるで目をしばしばさせているように、撮影した画像も周辺の描写がまるでさまよっているようです。

After I serched and checked some reports in the library of the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, I made a trial of this lens while walking in the direction of Daikanyama. It should have been a very dazzling time for this lens which was born dedicated to darkness. It seems that the depiction of the surroundings is almost wandering in the images taken, as if the lens felt dizzy under the sunshine.
 
home