Angenieux Paris 50mm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

発売 1955年
構成 4群6枚
最短撮影距離 0.8メートル
(Exakta mount data)
サイズ 61mm×47mm
重さ 261グラム
フィルター 53ミリ


Start sales 1955
Composition 4groups 6lenses
Shortest distance 0.8m
(Exakta mount data)
Size 61mm x 47mm
Seight 261g
Filter 53mm

Lens Impression

レクタフレックス、ライカL、エキザクタ、プラクチカなどのマウントがありますが、ライカマウントは特に数が少なく、市場に出てくる機会もほとんどありません。
この個体はエキザクタマウントでしたが、ライカMマウントに連動するよう改造してもらいました。

レンズ構成はシンプルなダブルガウス型ですが、さまざまな収差が残存しており、開放で画面全体にかかるやわらかな滲み(球面収差)、周辺でのコマ収差や非点収差が組み合わさることによって、このレンズ特有のなんともいえない味を示してくれます。
絞るとかなりすっきりとした描写になりますが、周辺部のやわらかさは残ります。。

The number of production of this lens is so small even there are various kind of mount as Rectaflex, Leica L, Exakta, and Plaktica. Especially I have only few chance to see that of Leica mount in market in the past. This particular lens was originally in Exakta mount and modified into Leica couples later.
Although the lens component is simple Double Gauss type, there remains various aberrations. The taste of blur in whole picture at full aperture by spherical aberration, and Coma aberration, Aastigmatism at peripheral area makes the impression of its description very fantastic.
It becomes more and more sharp with closing the diaphragm.


  Photos with Angenieux 50mmf1.5
 
2015
Shinagawa Shukuba Matsuri
(品川宿場まつり)
 

毎年恒例の品川宿場まつりにいってきました。
過去天気に恵まれ、汗だくで撮影していることが多かったのですが、今年は高曇りで、とても快適に撮影できました。
毎年顔なじみの参加者、初めて見る参加者、さまざまにパレードしており、その「ゆるい」流れの雰囲気がとても楽しい気分にさせてくれます。

動いている被写体が多いので、ピントを確保するためにf2.8-f4に絞って撮っているものが多いですが、今回は非常に端正な写りを見せてくれています。


I visited Shinagawa Shukuba Matsuri as my annual event.
I remember it was often very hot for photo taking in the past, but it was much more comfortable this year under light cloudy condition.
I could find familier faces and new faces parading. The atomosphere of such loose parade makes me very pleasant.

I used the diaphragm at f2.8-f4 to keep focus at the parading figures and which shows very neat images.


2012
Kyoto
(京都)

京都の商店街はアーケードや軒下が多く、光線が限られているのでスナップには難しいところですね。
でも、このレンズですと結構楽しく撮影することができました。
画面全体の滲みが綺麗です。
少し絞って撮った紅葉の写真も、シャープな中に全体的にふわっとした感じが残り、秋らしさを強めてくれているように感じました。


Shopping area in Kyoto city consists of Arcade or under the eavesne, and the cut off the ray of light makes snapshot photo rather difficult.
However I enjoyed very much because of using such nice lens.
The taste of Blur around the picure is very beautiful.
Photos of red leaves taken with closed apperture shows soft and floating taste in the sharpness and I felt it strengthen the feeling of Autumn seasen more.


2011
Choshi
(銚子)

冬の快晴の一日、銚子電鉄に乗ってきました。アンジェニューS21は、開放では柔らかいフレアがかかり、
ボケは全体に浸みだしていくような味わいが出ています。
レンズ構成はダブルガウスの基本形である4群6枚ですが、本当にこの構成はさまざまな顔を見せてくれると思います。


One sunny winter day. I had a short trip riding Choshi Dentetsu Railway. Angenieux S21 lens expresses soft flare
 at full aperture and its Bokeh effuses all around.
The Composition of S21 is 4 groups 6 glasses which is the basic form of Double Gauss, but it show us various 
characteristic of the Double Gauss expression.

2009
Hampton Court
(ハンプトンコート宮殿)

この日のハンプトンコート宮殿では、ヘンリー八世とアン・ブーリン?が出迎えてくれました。お二人ともよく雰囲気を出しています。
またこのレンズの周辺の柔らかなボケと、ピント部分からのなだらかな階調は被写体をうまく浮き上がらせてくれています。
それ以外の人物の写真ではピント部分の滲みが特徴的ですね。
桜の写真ではこのレンズの後ボケの特徴がよくわかります。派手でないぐるぐると、ドラマチックなボケ具合がとても好きです。


In the Hampton Court palace of this day, Henry VIII and Anne Boleyn have welcomed us. They gave us a very nice atmosphere
there. Moreover, the soft bokeh in peripheral area and the gently-sloping gradation from a focus portion stand out the photographic
subject very well. The blur of the focus part is also characteristic in the other examples. With the photos of a cherry tree, you can see
the feature of rear bokeh of this lens well. I like the less flashy swirling but dramatic bokeh of this lens so much.


2008
Nottinghill
(ノッティングヒル)

ノッティングヒルの春は素晴らしい。光が木々に映えて輝いていました。そしてAngenieux50mmf1.5のなんとも不思議な立体感のある
写りの特徴が非常に良く出ています。絞り開放での作例ではこのレンズ特有の滲みとボケの描写が独特の絵を提供してくれました。


The spring of Notting Hill is so wonderful. Light has been shining in trees. And a characteristic of the image with a very mysterious
three-dimensional impression of this Angenieux50mmf1.5 is coming out very well. In these examples in full aperture, the description
of peculiar bokeh and blur offered very special images.


2008
across the Thames
(テムズ対岸)

今回は夜間の撮影ですが、完全には開放にせず、ほんの僅か絞りを(f2-2.8)加えて撮影しました。すると予想外のくっきり画像が。
夜間の光源ももっともっと滲み、歪むと想定していたのですが、かなり素直な写りです。開放とのこの違いに更なる興味が湧いてきました。


It was night photos this time, but, in addition, I took with closing a few diaphragm (f2-2.8) without completely making full aperture.
Then unexpectedly, a clear image appeared. Although I thought the light at night makes more blur and distortion, a quite gentle
projection came out. I got further interest in this difference with the full aperture.


2007
Mayfair Area
(メイフェア地区)

散歩した際の作例です。このレンズも絞るとかなりカチッとした写りになりますが、なんといっても大好きなのは開放での滲みとボケと
暴れ方のバランスです。本当に好きなレンズです。


They are examples when it took a walk. When closing aperture of this lens, it becomes considerably sharp. But what I like in this lens
is the balance of a blur and bokeh at the full aperture. It is a really favorite lens.


2006
Akihabara、Ueno
(秋葉原、上野)

このレンズも撮るたびに違った顔を示してくれます。個別に見てください。ぐるぐるが出たり、滲んでみたり、いろいろです。
でもいずれも非常にバランスがとれており、品のある仕上がりになるのがこのレンズの素晴らしいところですね。


Whenever I take photos with this lens, a different face is shown. Please look the examples by each. It is so various with
swirling bokeh coming out in some or blur spreading in others. But each maintains balance very well and the wonderful point
of this lens is making a refined result always.


2006
botanical garden
(生物園)


(蝶)温室の中は無数の蝶が乱舞しておりましたが、この蝶はこの状態でまったく動きがありませんでした。まさに「絵」ですね、
この描写は。ピントがきている蝶の背中のすぐ周辺もしっかり滲んでいます。


Innumerable butterflies were dancing in the greenhouse, but this butterfly did not have any movement in this state at all.
The description of this is "Picture" exactly. The immediate outskirts of the back of the butterfly that focus comes are blurred such well.


 
 
home