home
 Astro Berlin TV-Tachar 50mm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

製造 :1966?
CRT画面撮影用もしくは、TV撮影カメラ用?

Production : 1966?
For CRT screen shooting or for TV Camera?
N.A.

Lens Impression

このレンズの情報はほとんどありません。CRT画面撮影用と考えられますが、その割にはバックフォーカスが普通に数センチあるところが、他のCRT用レンズとは印象が異なります。レンズ名称のとおり、TVカメラに使用されたのでしょうか。

描写は2つの大きな特徴があります。一つは、ピント部分の切れ味のよいシャープさです。作例でも確認いただけると思います。
もう一つは、ボケの特徴で、ピント部のシャープさからは想像しにくい非点収差の強いボケを示します。予想ではもう少し2線ボケとコマ収差によるボケをイメージしていたのですが、見事に外れました。
レンズ構成は不明ですが、ダブルガウスではなさそうですね。


I could hardly find any information about this lens. My usual estimation might be for CRT screen shooting, however I can not persuade myself about its rahter longer back-focus length than other CRT lenses. Or, it could be for TV camera as its name.

It shows 2 main characteristic about its description. The 1st is its sharpness on focused part as you can confirm in example photos.
The 2nd feachure exists in bokeh which shows rather strong astigmatism despite its sharpness of focus part. I expected more 2 lines bokeh and coma aberration, but failes.
The composition of this lens is not sure, but seems not to be a double gauss.


 Photos with Astro Pan Tachar 50mm
 
2015
Kita Ikebukuro
(北池袋)
 

普段あまり行くことのない北池袋エリアを散策しました。
何があるというわけではないのですが、懐かしい雰囲気を感じさせてくれるところでした。
レンズの描写はシャープさと多少崩れた非点収差と思われるボケの組み合わせが面白く、
立体感のある描写が得られました。

I walked around Kita Ikebukuro area where I was quite strager.
That area has nothing special actually, but I felt a kind of nostalgic atomosphere.
Its description shows interesting combination of sharpness and bokeh from astigmatism which let me feel
more three dimensional impression.