Kodak Ektar 52mm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

発売:1946年
構成:4群7枚

Start sales 1946
Composition 4groups 7lenses

Lens Impression

コダック・エクターといえば、さまざまな有名レンズが頭に浮かびます。
エクトラの50mmf1.9、カードンの47mmf2、バンタムスペシャルの45mmf2など枚挙に暇がありません。ただ、なぜかf1.9以上の大口径レンズの存在はあまり知られておりませんでした。
資料に登場するものとしてはX線関節撮影用のフルロ・エクターf1.5がありますが、このレンズはなぜかフルロの文字はなく、単なる「EKTAR」という表示です。ただし、このレンズには絞りもヘリコイドもなく、長さ・口径ともに「
中将姫光学」さんのブログに出てくるフルロ・エクターと同一のレンズだと推定されます。
レンズ内に若干の曇りがあるため、逆光ではフレアが見られますが、ピント部分の精度が高く、線も細く再現され、さらにボケ味も気持ちの良いものです。ぜひ作例を参照してください。

Various famous lenses come to my mind when hearing the name of 'Ektar'.
50mmf1.9 for Ektra, 47mmf2.0 for Kardon, 45mmf2.0 for bantam Special and too many others to mention. However the faster lens than f1.9 has not been well known in public.
We have been knowing Fuluro Ektar 52mm f1.5 for photofluorography as data, but this individual one has no 'Fluro' figures on the lens. It mention just 'Ektar'.
However, this one has no apperture and no helicoid, therefore I estimate this should be the same lens as the one on Leica Virgin Blog.
As I can see some haze on glass, a little flare come up againt light, otherwise, the focus is very precise, line appears very thin, and bokeh is very comfortable.

 Photos with Ektar 52mm
 
Comment
2016
Kawagoe
(川越)
 

新年の川越に行ってきました。今年は暖かくてのんびりと歩けました。
何本かレンズを持参しましたが、久しぶりの希少エクターf1.5も。
内蔵絞りがありませんが、今回はかなり明るい日差しでしたので、日光の入っている写真は手製の前面絞りでf5.6相当にして撮影しています。
フレアには弱いレンズですが、ハイライト部分の滲みとボケの柔らかい流れ方がなんともいえないレンズです。

I visited Kawagoe old town in New Year season. I could walk leisurely.
I brought several lenses include this Ektar f1.5 rare lens.
This lens has no internal aperture diaphragm, so I used handmade leather aperture diaphragm at around f5.6 pictures under sunshine.
This lens is weak against flare, but I admire the taste of blur at highlight and tender flow of back bokeh.


2012
Yanaka
(谷中)

絞りがありませんので、すべて開放f1.5です。路上スナップでピントを得るのはかなり難しいのですが、合焦している部分のきめ細かさは見事だと思います。
ボケは円周状にやや流れますし、2線ボケ傾向もそれなりにありますが、決して嫌みのない居心地の良い味わいだと思います。

All pictures are in full apperture because no apperture blades. It was so difficult to get focus on the target, however the focused part shows very subtle and detailed description. Bokeh on the circumstance flows circularly and also shows 2 lines bokeh, however I judge they are not unpleasant but comfortable taste.

 
 
home