Dr.Hensoldt PROTO 55mm f1.8
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

N.A. 調査中.

Lens Impression

資料がほとんど見つからず、よくわからないレンズです。Hensoldtというメーカーは双眼鏡やライフルのスコープ、そしてI.S.O. Reporterのドイツ版であるHenso ReporterとそのレンズArion 50mmf1.9などでも知られていますが、このレンズのように、ライカマウントかつ距離計非連動のものがなぜ作られたのかよく分かりません。

Hensoldtの歴史を少し追ってみます。
1821年 Moritz Carl Hensoldt 誕生
1847年 光学関係のワークショップ開始
1852年 妻の甥のLouis Engelbertと会社設立
1861年 BraunfelsにEngelbert & Hensoldt Microscope設立
1865年 Wetzlarに移転
1896年 息子のWaldermerとCarlが経営に参画、会社名はM.Hensoldt und Sohneとなる
1897年 双眼鏡に初めてペンタプリズムを発明
1903年 Moritz死去
1922年 M.Hensoldt und Sohne Optische Werke AGとなる
1928年 Carl Zeiss 傘下に
1946年 廉価版カメラ「Hensoldt Publica」製造。しかし、ライツ社からのクレームと法的措置により、わずか100台程度で生産終了
1953年 ライツ社の特許を回避するため、新カメラ「Reporter」の製造をイタリアのISO社に依頼。ドイツには逆輸入の形で、「Henso Reporter」として販売。
     このReporterカメラの最も明るい標準レンズが「Arion50mmf1.9」である。マウントは46mmのスクリューマウント。
     事業の運営はMoritzの孫のHansに引き継がれている。
2006年 Hensoldt AGは「Carl Zeiss Sports Optics GmbH」に名称変更

さて、このPROTO55mmf1.8レンズですが、それ自体の情報は未だに発見できないままですが、いくつかの不確定な情報があります。
 @このレンズが「Royal Optik Luminar 55mm f1.8」と非常に似ていること
 A一方で、「Royal Optik」自体の情報がなく、レンズもこの「Luminar 55mm f1.8」しか知られていない、謎の会社であること
 B同時期、WetzlarにLordmatやLordonレンズで有名な「Leidolf社」が存在し、その米国代理店の名称がROYALであったらしいこと
 CLordon 50mmf1.9は、ENNA社からEnnalyt 50mmf1.9と同じものが供給されたといわれ、そのレンズとHanso ReporterのArion 50mmf1.9が似ていること

などです。当時南ドイツの各社は、戦後のドイツ東西分割のインパクトもあり、かなり連携を強めていたのではないかと、想像される情報です。
上記に登場する諸レンズはいずれもダブルガウス構成と思われます。
PROTO 55mmf1.8は、作例の描写から見ても同じダブルガウス構成の可能性は低くないと思われます。

I could not find the detailed data of this lens. Hensoldt is the company famous for binoculars, scope for rifle and Henso Reporter attached with Arion 50mmf1.9 which is the german version of I.S.O. Reporter. It is not clear why they made such Leica mount uncoupled lens as this 55mm f1.8.

 Photos with Dr. Hensoldt 55mmf1.8
 
2010
Hyde Park and London center
(ハイドパークとロンドン市内)

かなり強い日差しの日でしたので、f4くらいに絞っています。日差しのせいもありますが、ハイライトは飛びやすい感じがします。

それでも全体としてはかなりシャープな解像力ですし、私の持ちレンズの中ではかなりドライでさっぱりとした描写のように思えます。周辺部は比較的多めの非点収差と思われる流れがみられますね。。


Because the sunshine was very strong on that day, I closed the diaphragm at aroundf4. I think this lens has tendency to express rather higher contrast.

Despite that,  It shows very sharp details and the description I feel is rather dry among my favorite lenses. I can find moderate disorder of bokeh because of possible remaining astigmatism around peripheral area..

     
 
home