home
 Kern Macro Switar 50mm f1.9
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

発売:1968年
構成:5群8枚
最短撮影距離:28.5cm
重さ:280g
フィルター:Type B


Start sales  1968
Lens constitution  5 groups 8 lenses

Shortest distance  28.5cm
Weight  280g
Filter diameter  Type B

Lens Impression

「アルパブック(豊田茂雄著)」によると、Switarレンズは大きく以下の5つに分類されます。
 @Switar 50mm f1.8  5群7枚 1951-1959 製造台数 1,526
 AAuto Switar  50mm f1.8  5群7枚 1955-1966 製造台数 5,785
 BMacro Switar 50mm  f1.8  5群7枚 1958-1969 製造台数 10,329
 CMacro Switar 50mm  f1.9  5群8枚 1968-1981 製造台数 6,303
  DMacro Switar 'Chinon' 50mm  f1.9  5群8枚 1982-1989 製造台数 83
これらの中で何度レンズ構成の変更が行われたのかは不明ですが、Bの50mmf1.8の中には5群8枚のものがあるという情報もあり、製造期間も重複していることから、いくつかのバリエーションが混在していることは間違いないでしょう。

ちなみに自己所有の50mmf1.8は反射面が前群7か所、後群5か所、今回使用した50mmf1.9は反射面が前群5か所、後群8か所でしたので、掲示している構成図通りと思われます。

f1.8レンズからf1.9レンズへの変更が行われた理由について明確な資料はありませんが、両レンズの描写の差異、レンズ構成図の差異から推測できるのは、@新規ガラス採用の可能性、Aそれに伴うレンズ曲率の緩和による周辺描写の改善、などでしょうか?製造コストの削減も考えられますが、実際のところはよくわかりません。

実に美しいレンズだと思います。その描写にも負けていないでしょう。f1.8の鏡胴にはシルバーのものが多い(シルバー:ブラック=9:1)のですが、f1.9はすべてブラックで作られています。このレンズが装着されたAlpa Alneaのボディなどはため息が出ますね。

描写はf1.8のものに比較すると、とても素直ですっきりしています。滲みレンズ好きとしてはそこがちょっと不満な点でもありますが、レンズのせいにするのはやめましょう。

Switar lens are categorized into following 5 groups,
 1/Switar 50mm f1.8  5group7lens 1951-1959 production 1,526
 2/Auto Switar 50mm f1.8  5gourp7lens 1955-1966 production 5,785
 3/Macro Switar 50mm f1.8  5group7lens 1958-1969 production 10,329
 4/Macro Switar 50mm f1.9  5group8lens 1968-1981 production 6,303
 5/Macro Switar 'Chinon' 50mm f1.9  5group8lens 1982-1989 production 83
It is not sure how many times the lens components were modified, there should be several variations because I got some information that some 50mmf1.8 has 5group8lens composition and because the period of production of these lenses are duplicated.

Because my 50mmf1.8 shows 7 reflection in front unit, 5 in rear unit, and this 50mmf1.9 shows 5 in front , 8 in rear, so I estimate both lenses has the exact composition same as  posted figures.

I could not find proper data indicating the reason why the modification from f1.8 to f1.9 was made, so I estimate the possibility to adopt new glass elements, and  loosing the curve of each glasses because of that from the difference of both description and the figure of composition. Of course, it is possible to reduce cost of production, but I do not know any.

This lens is very beautiful as its description. Silver lens bodies are more in f1.8 , but f1.9 were made in all black. The blace Alpa Alnea body with this lens really takes my breath away.
The description of f1.9 is more straight and neat. It is a little insufficient for such blurred lens lover as me, I can not blame the lens at all.

Macro Switar 50mmf1.8


  Photos with Kern Macro Switar 50mm f1.9
 
2019
Kyoto
(京都)
街角




街角の写真はf4くらいの絞りで撮影しているものが多いです。仏の写真はf1.9開放での撮影も多いので、開放でのボケの参考になると思います。
多少の2線ボケの傾向はありますが、非常に素直な描写を示してくれました。f1.8のレンズはボケがドロドロっと溶け出すような感じが特徴的なのとは対照的とも思えます。

京都の街角には数多くのお地蔵さまが社に入って祭られていますが、その多くが真夏の地蔵盆の時に子供たちによってカラフルに彩色されています。その笑顔がとてもかわいらしく、そのお顔を拝見することも京都に出かける大きな理由になっています。今回はいくつかあげさせていただきました。


Most snap photos are taken at around f4 aperture. Photos of buddha are taken at f1.9 full aperture, so you can investigate the taste of this lens. It shows a little 2 lines bokeh, but the description is so straight and neat which is contrary to the melting bokeh of f1.8 Switar lens.

Many Jizo Buddha statues are enshrined in the streets of Kyoto, but many of them are colorfully colored by children at the Jizo Bon festival in midsummer Their smiling faces are so cute which is one of the main reason to visit Kyoto often.