R-Serenar 5cm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

製造:1942年頃
マウント:コンタックスマウント
 R-Serenar 45mm,50mmf1.5

R-Serenar 80mmf2.0

Lens Impression

X線間接撮影用カメラは当初ライカ・コンタックスなどのドイツ製高級35mmカメラを活用する方向で計画されていましたが、第二次世界大戦前後の国情の変化とともに、国内でも集団検診などの民間需要が急速に高まることが予想されたため、国産の専用カメラの開発へと方向が転換していきました。
その国産間接撮影カメラには当初、ゾナーf1.5が使用されていましたが、後にニッコール及びR-セレナーへと変更されます。
精機光学製のカメラは昭和34年(1959)には1万3千台が製作されたとの記事もあるが、それにしてはR−セレナーレンズの市場登場は少なすぎるように思います。

レンズ構成には不明確な点もありますが、レンズ面反射を詳細に観察すると4群6枚のダブルガウス型のようです。
描写は思っていたよりしっかりしています。もちろん開放での球面収差の影響によるハロや、補正しきれていない周辺部のサジタルコマ収差による画像の流れなどは、比較的多く出てきますが、嫌みもなく、オールドレンズの味わいとして十分鑑賞、評価に耐える、優れたレンズだと思われます。


Japanese X-Ray Camera had been planning to use German high class camera as Leica or Contax, but because of the change of international circumstances
 around the WWII and the prospect of increasing public group medical examination, the policy was changed to develop the domestic X-Ray camera.
At first, Sonnar f1.5 was equipped to the Camera, but changed to Nikkor or R-Serenar later.
Some article says that aroud 13 thousand Seiki X-Ray Camera were produced in 1959, but I doubt because the chance to find this lens in current
2nd hand market is too low. 
The composition of R-Serenar 5cm f1.5 is 4 group 4 lens which looks like the simplification of Double Gauss design.
The description of this lens is more sure than I expected. It shows Halo from the remaining Spherical Aberration and specific disorder of bokeh
around peripheral area, I do not dislike such bokeh or I can evaluate positively as the taste of Oldlens.

 Photos with R-Serenar 5cm  
 
2013
Super Yosakoi
(スーパーよさこい)

R-セレナーとしては珍しいコンタックスマウントの個体をアダプターでライカMマウントに変換してM9Pで使用しました。できるだけf1.5開放で撮影したかったのですが、非常に日差しの強い午後でしたので、時折絞り込んででの撮影となりました。
開放での作例では画面全体の柔らかなハロと、周辺部のボケの流れが、十分に見て取れます。
絞り込んだ作例では、決して硬くならないなかでクリアな画像を見せてくれています。

This lens is rather rare Contax mount. I converted to Leica M mount by the adaper and fitting to my M9P camera. I wanted to take photo at f1.5 full aperture, but because of brilliant summer sunshine, I had to use at rather closed aperturet.
The photo at full aperture shows tender Halo in whole picture and periphera disorder of bokeh. The photo
at rather closed aperture shows very clear expression but not too stiff.

 
home