Wollensak Raptar 51mm(2.04inch) f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

N.A. N.A.

Lens Impression

WollenskのRaptarも非常にバリエーションの多いレンズですね。焦点距離も広角から望遠まで様々、開放絞り値もf1.5、f2.0、f2.7、f4.5など、とても列挙できません。
さて、このレンズは、その中でもとても変わり種の51mmf1.5です。2インチの換算で51mmではありません。わざわざ2.04インチと刻印までされています。さらにシリアルナンバーも特殊で、N&Dからはじまり、また最後には(7)という意味不明の番号まで付けられています。

売主の話では、これはもともと米国ネバダ州の核実験施設でオシロスコープの記録用に使われていたものとのことです。この施設では始めはS用のNikkor50mmf1.4が使われていたらしいが、後にこのRaptarに変更されたらしい。変更の理由は不明ですが、いずれにせよ近距離で極めて精密な再現力が求められるわけですので、このレンズの性能もNikkorに勝るとも劣らないはずと確信しました。

果たして、実写の結果は、正直「驚きました」。
ピント部分の「切れ」は、いままで見てきた50mmレンズの中で「もっとも優れている」かもしれません。ぜひ作例で確認してください。

There are a lot of variations in this Wollensak Raptar lens. Many focal length exist from wide angle to telephoto, and F number of full apertuer I know are f1.5,f2.0,f2.7,f4.5 and so on, countless. This particular one has 51mmf1.5 which is very rare. 51mm is not conversion from 2inch, but engraved as "2.04" on the lens ring. And the serial number of this lens is also very special with "N&D" at the beginning, and has (7) at last about which I have no idea.

The seller told that this lens has been used at the nuclear test site in Nevada of USA for the recording of electorical pulse on oscilloscope. They used Nikkor 50mmf1.4 in S mount at first, but changed into this Rapter later, I heard. I do not know ther reason of that change, but I am sure the description of this lens should be equal or superior to Nikkor 50mm because they at the site have very severe standards of the precise expression of the lens.

I actually was very surprized to see the result of the 1st test shots.
The "sharpness" of the focused subject seems to be "the best" among many 50mm lenses I tried. Please refer below examples. 

 Photos with Raptar 51mm(2.04inch f1.5)
 
2014
Kamakura
(鎌倉)
 

久しぶりに持ち出しました。鎌倉でのスナップは絞りf2.8-f4.0で撮影しています。
描写のシャープさは相変わらず。
オールドレンズでは時々ありますが、このレンズも一定以上絞り込むと画面上部にフレアがでます。
開放で「寒牡丹」を撮影しましたが、やわらかく滲みが出て、絞ったときとはまったく異なる表情を見せてくれます。


I took out this lens after a little long absence. Most of snap photos in Kamakura were taken at f2.8-f4..
I enjoyed the sharpness of this lens as before.
It appears a little  flare around the top of the picture when taken at rather closed aperture which I had many experience using old lenses.
I took winter-flowering peony at full aperture where you can see tender Halo around highlight of subject which is the different aspect of this lens.


2009
Hydepark Christmas market
(ハイドパーク・クリスマスマーケット)

今回は白黒をメインにしましたが、改めてこのレンズのシャープさと立体感を強く感じました。逆光では少しフレアもかかるようですが、
それも全く気にならないほど被写体の切れが素晴らしいレンズです。

Showing in B/W mainly. I again felt strongly the sharpness and three dimensional strength in this lens. I can find some
 flare under back light condition, I think this is such a wonderful lens even with some disadvantage against the modernest
 lens.


2010
Portbello
(ポートベロー)

おなじみのポートベローマーケットです。この日は撮影後両手の甲が軽い凍傷になったくらい気温の低い日でしたが、マーケットへの人手の多さは相変わらずです。一時はまともに歩くことができないくらいの混雑振りでした。
人物のスナップはほとんど開放近くでの撮影ですが、このレンズのピントのシャープさには驚きました。まさに「切れる」という表現がぴったりの描写だと思います。

It was a very cold day in London as I got chilblains on my back of both hands after taking these photos at the usual Portbello Market. However the number of the large crowds were as usual. It has been not easy even just walk along the street there.
I took most snap photos of people at around full aperture, I was very surprised to the sharpness of this lens. The expression of the fucused part suits the word "to cut the scene", I think.


 
home