home
 Ross Xpres 2inch f1.9
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

N.A.

Lens Impression

Ross社レンズで最も明るいf1.9のXPRESです。レンズ前面のブラックペイントから浮き出た文字が美しいですね。このレンズはなぜかロボットカメラに固着されていたものですが、敢えて分解してライカ・マウントに変更していただきました。測定データによると開放ではかなりのオーバーコレクションで、他のロスレンズとは異なった傾向。ただし、f2.8以上ではほとんど無収差でかなり解像力が高いとのことです。実撮影でも開放でフレアじゃ若干目立ちますが、被写体の解像は高いですね。
レンズタイプはガウス型のようです。Xpresレンズは、f3.5-4.5のレンズは下図左のテッサータイプ、Wide-Angle Xpresは下図中央のPlasmatタイプ、そしてXpresではないですが、Xtralux50mmf2.0が下図右のガウスタイプですので、このf1.9Xpresは後のXtraluxと近いようにも思えます。

This lens is the most fast Ross Xpres 50mmf1.9. Letters standing out of Black Paint on the front of the lens look very beautiful. I do not know the reason, but this had stuck into a Robot camera, and I asked to separate from it and to change into Leica mount. In accordance to the data at the modification, aberration at full aperture is over-correction which is a little different from other Ross Xpres lenses, however at f2.8 and smaller, it has almost no aberration and very high resolution. It is proved from the actual photo which show a little flare at full aperture, but the resolution of the subject is so high.
The lens type seems Double-Gauss. Xpres lens of f3.5-4.5 has Tessar-Type(left), Wide-Angle Xpres has Plasmat type(center), and Xtralux 50mmf2.0 has Double-Gauss type(right), so I suppose Xpres linked to the development of later Xtralux.


Xpres f3.5-4.5

Wide-Angle Xpres

Xtralux50mmf2.0
 Photos with Ross Xpres 50mmf1.9
 
 2015
Yanaka,Nezu
(谷中、根津)
 

発売直後のα7RIIでの撮影です。
あまりうまくセッティングできなかったようで、かなりコントラストの低い描写となりました。
最近はコントラスト控えめの画像が好みですので、これはこれでよかったかもしれません。
連続の真夏日が終わった日とはいえ、かなり暑い、明るい日中でしたが、出来る限りf1.9開放もしくはf4以内で撮影するようにしています。
ロスのエクスプレス50mmf1.9は開放ではかなりのハロ、フレアが入ります。その味わいも今回は楽しんでいただけるのではないかと思います。

All photo were taken by Sony α7RII just introduced camera.
As I could not make a proper setting of the camera for this lens, photos are rather low contrast.

However I recently like such photos with modest contrast, the results of the day is not bad for me.
I tried to take with full aperture or less than f4.0 even it was hot and bright day which was the nest day of record making 8 continuous days more than 35 degrees max temperature.
Ross Xpress 5cm f1.9 lens shows moderate Halo and Flare at full aperture, you may enjoy that taste this time.


2013
Kamakura
(鎌倉近辺)

しばらく使う機会の少なかったロスのエキスプレス2インチf1.9ですが、久々に鎌倉に持ち出しました。
すっかり忘れていた、その描写ですが、結構そのシャープさに驚きました。ウォーレンサックのラプター51mmf1.5に肉薄するほどの印象です。勿論かすかな曇りによるフレアはありますが、正直、ここまで繊細さを保ったままシャープに表現してくれるとは思っていませんでした。画像をご覧いただければわかりますように、冬の頼りない日光の下で切れ味よく人の表情を写し出してくれました。
一方、近距離を開放で使用すると、被写体には柔らかさが生まれ、ボケは上品な2線ボケで楽しませてくれます。

Ross Xpres 2inch f1.9 lens which I have not so often been using recently, I this time brought it to Kamakura. and I was so astonished to the sharpness of expression. It seems to compete to Wollensak Raptar 51mmf1.5.
Frankly I have never thought that this lens express such sharpness with fine line. However, you might understand from some example photos how it describe subtle and shapp expressions of people despite under such weak winter sunshine..
On the other hand, when you use this lens in full apperture from close distance to the subject, it changes its taste to show
 more softness or tendreness with moderate 2 lines bokeh in the back.


2008
Hydepark Corner, Victoria Albert Museum
(ハイドパークコーナー、ビクトリア・アルバート博物館)

これも好きな描写をしてくれますね。ハイライトの微妙な滲み、僅かに2線ボケの入った、でも素直なボケ味が印象的です。一方で屋外でスナップした人物は、どれもシャープで繊細な描写をしています。DallmeyerのSeptacともやや似たイメージも感じました。

I
like the description of this lens. Subtle blur aroung the highlights, a little 2 lines double image but gentle bokeh is very impressive. On the other hand, the expression of people taken in snapshots shows very sharp and delicate. I felt the similar image with Dallmeyer Septac lens which I like very much also.