RÜO Kino 4.2cm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

社名:Optische-Werke Ruedersdorf , BERLIN
レンズ構成 : 変形スピーディック型(TVタハー類似)?
製造時期 : 1920年代


Company : Optische-Werke Ruedersdorf , BERLIN
Composition :  Modified Speedic type?
Production :  1920's

推定estimated

Lens Impression

RÜO Optik GMBHのカタログ(1924)にも登場しない大口径f1.5のレンズです。カタログには同名レンズでは4.2cmf2.0までの記載はありますが、残念ながらレンズ構成についてはf3.5、f2.5系列がトリプレットであること以外は書かれておりません。リュオOPTIK社の4.2cmf1.5のレンズとしてはCaleinarというレンズの存在も知られていますが、全く同じスペックでのリュオ・キノレンズは初めてです。ただしレンズ構成が同じかどうかは確認できておりません。中将姫光学さんからお借りしました。

反射面の数と左右の動き、さらにレンズの曲率を参考にスピーディック型の変形ではないかと想定しました。

ほとんど球面収差補正に手を付けていないのではないかと疑いたくなるような画像の滲み方をするレンズです。その関係でピントの収束範囲と拡散範囲が大きく重なっており、拡大画像で確認すると、開放では全画面にフレアがかかっていると同時に、画面上の多くの部分でピントの合致した画像が確認できます。なんとも難しいレンズですね。
コマ収差なども見られますが、球面収差が多いので、f4程度まで絞ると急激に画像が改善します。ただし、そうなると普通のちょっと写りの悪いレンズになってしまいますね。



Very fast lens which I could not find the name in the catalogue of RÜO Optik GMBH in 1924. It mentioned about RÜO Kino 4.2cm f2.0 but not f1.5 and it does not mention about the composition of f2.0 lens either. This is my first time to use RÜO Kino f1.5 which has the same focal length and aperture as RÜO Caleinar 4.2cm f1.5 which is also very rare.
I have no way to confirm if the composition of these two lenses are same or not. I borrowed this from the owner of Chujo-Hime Optical Blog..

I estimated the compositio of this lens as modified Speedic type because of the number of reflections of glasses, movement of the reflection and the curvature of 
the front and rear glasses.

This lens shows much flare as if the designer had not arranged to reduce its spherical aberration. Because of that, the areas to converge light and to diverge light
 overlap so much, so we can find focused area on many parts of the photo beside wide spread flare on all of them.
There shows Coma aberration too, but major is Spherical aberration, so the description improve greatly at f4. However on that condition this lens becomes a usual lens.

 Photos with RÜO Kino 4.2cm f1.5
 
Comment
2018
Yushima/Nezu
(湯島・根津)

桜同様、つつじの開花も早かったですね。4月中旬の段階でもう遅咲きのつつじが満開でした。天気もよく暖かかったので希少なレンズの試写にはもってこいでした。
作例をご覧いただければわかるように、掴みどころの難しい描写です。このレンズにふさわしい表現の仕方が見つかってくれると素晴らしいと思いますので、しばし試行錯誤してみましょう。


Like the cherry blossoms, the flowering of the azalea was also fast this year. In the middle of April, the late blooming azalea was in full bloom already. The weather was very good and also warm this day, so it was perfect for testing rare lenses.
As you can see from the example, it shows very difficult depiction understand. I think that it is wonderful to find ways of expression suitable for this lens, so I continue to practice with this lens for a while.

     
 
home