Dallmeyer Septac 50mm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

レンズ構成:4群7枚

lens constitution 4group 7lenses

Lens Impression

IlfordのカメラWitnessに装着された最も大口径のレンズとして有名なSeptacですが、それ以外にも純正ライカマウント、映画用に活用されたと思われるレンズヘッドのみのものが存在します。この個体は元来レンズヘッドのみでしたが、ズミクロンのヘリコイドを活用し、宮崎さんに加工していただきました。そうそう、ちなみにWitnessに装着されているレンズには、他に同じDallmeyerのSuper-sixとDaronというレンズがありますが、このDaronはDallmeyerのレンズではありませんから、お間違えないように。
描写は素晴らしいの一言です。まずは線の細さ。見事です。そして滲み。どこかHektor73mmにも通じるものを感じ、私の最も好きな性格の写りといえます。
宮崎さんの評価によると、@開放で大きくオーバー補正で、コントラスト低下、A解像力は開放から良い、Bフレアはf2で80%なくなり、f2.4でゼロになる。
と記述されており、HektorというよりThambarに近いデータのようですが、どれも私の好みのレンズのポイントばかりでした。

This is Septac which is famous as the fastest lens attached to camera Witness of Ilford, but there are some in Leica mount and some Lens Head only possibly used for movie cameras. This individual lens was only a lens head, but I utilized Helicoid of Summicron and asked Mr.Miyazaki to machine it. By the way, there are other lenses called Super-six of same Dallmeyer and Daron which attached to Witness , but Daron is not a lens of Dallmeyer.
The description of this lens is splendid. At first, the thinness of the lines is wonderful. It is wonderful. And the blur. I feel some feeling leading to Hektor73mm, and I can say that the character of the image is which I like most.
According to the evaluation of Mr.Miyazaki, @largely over correction at full aperture and fall of contrast ,Aresolution is good from the full aperture, Bflare decrease by 80% at f2 and become 0% at f2.4. The data of Mr.Miyazaki shows it is closer to Thambar than Hektor73mm, but they are all my favorite point about the description of lens.

 Photos with Dallmeyer Septac 50mmf1.5
 
2016
Yono Taishojidai matsuri
(与野大正時代祭)
 

毎年恒例にしている与野大正時代祭りに行ってきました。
参加者と直接触れ合える機会の多いこの祭りは格別ですが、作例からもその雰囲気が伝わってくるのではないかと思います。
今回セプタック5cmf1.5は開放f1.5からf4くらいまでの様々な絞り値で使用しましたが、参加者のアップの作例は開放が多いので、特徴的なボケも見ていただけると思います。B/Wで仕上げると、あたかも大正時代に紛れ込んだような錯覚さえ与えてくれるセプタックの力をかんじました。


I went to my favorite annual event 'Yono Taisho jidai Matsuri'.
For me this festival is a special event where I could go into the participants of the festival and interact with them so easily. I hope you can feel such atomosphere from my photos.
I used this Dallmeyer Septac 5cmf1.5 lens at various aperture from f1.5 to f4, you can find characteristic of bokeh on photos of indivisual person. Specially photos in B&W give me a kind of illusion to feel as if I wandered into the Taisho ERA.

2014
Shibamata
(柴又)
  
 

セプタックの最大の特徴は、開放での「非常に線の細い描写と軽やかな滲みの組み合わせ」ですが、絞りこんだ場合のシャープさも特筆すべきレンズです。
今回はまずf8での作例をご覧ください。1枚目、3枚目が全体画像で、その右の2枚目、4枚目が中央部の拡大画像です。電気機関車周辺の描写では、全体ではまったく判別できなかった5人の保線員の姿もはっきり判別できますね。4枚目の屋台周辺も同様です。


The most characteristic of Dallmeyer Septac lens is 'very subtle description and elastic Halo at full aperture'. On the other hand, the sharpness at closed aperture is also highly worthy to mention.
Please refer 2 set of pictures taken at f8. 1st and 3rd photo are original and 2nd and 4th are enlargement of center part.


は、
 
こちらは、開放からf2.8で撮影しています。セプタックの特徴である非常に線の細い描写と軽やかな滲みがよく現れています。

These are taken at f1.5 to f2.8. They shows the typical Septac characteristic of very subtle description and elastic Halo.

 

柴又はなんといっても寅さん。とても強い思いがあるのでしょうか、山本亭でガラスに映った2人の人物を撮影したところ、背景にどうも寅さんが迷い込んできたようです。

There is no doubt to say that Shibamata stands on 'Torasan'. I do not know why but when I took two person reflected on window glass at Yamamoto-tei, I can see Torasan comming into the photo.

2011
Kamakura
(鎌倉)
「セプタックで爛漫の春を感じてきました。」と心底感じられた春の日でした。
桜を中心にあらゆる花が開いています。アジサイで有名なお寺のせいか、こんな景色の週末でも人影はまばらです。
ゆったりとした散歩写真を楽しみました。そのせいか、セプタックの滲みも何となくのびやかです。


It was the spring day when 'I felt the riot of surrounding full bloom of flowers at kamakura'
Almost all flowers of spring season have been blooming simaltaneously with centering cherry blossom. And the temple which is very fanous by hydrangea flowe rwas was very empty even in such .shiny weekend. I could enjoy relaxed photo walk. I even feel even the blur of Septac lens might be free and unconstrained.


2009
Portbello Market
(ポートベロー)

1段目が開放での作例です。2段目、3段目はf4-f8に絞って撮っています。
開放でのハイライトの滲みも上品で好きですが、滲みの中に見えるピント部分の繊細な描写が素晴らしいと思います。Super-Sixよりも描写の癖は非常に少ないようです。ボケも過剰補正による2線ボケが出ているのでしょうが、なぜか他のレンズの2線ボケよりもレンズの味となって現れるようです。同様のイメージはヘクトール73mmもそうですが、Macro-Switarでもよく感じます。


The first row shows examples in full aperture. The 2nd and the 3rd row shows in f4-f8. The blur around the subject in full aperture is elegant and which I like, the delicate description of the focus part seen in the blur is such wonderful.
It seem that there are fewer peculiar description than Super-Six. It seems that the double image(2 line) bokeh from the over correction becomes a taste of a lens than those of other lenses. Such kind of feeling I feel in not only in Hektor 73mm but also in Macro-Switar.

 
home