home
 Tanaka Tanar 5cm f1.5
 

Lens Data

Lens Unit

Lens Photo

発売 1957年
レンズ構成 3群7枚
ゾナータイプ

Start Sales around 1955
Composition 3 groups 7 lenses
Sonnar Type

Lens Impression

タナーレンズの中でも5cmf1.2に次いで明るい、5cmf1.5です。製造数は500とも言われますが、明確にはわかりません。
1957年に発売されたタナックSDに装着されました。タナックSDはニコンS2と共通点の多いボディで、等倍で60o基線長のパララックス自動補正式アルバダフレーム一眼ファインダー、レバー巻き上げ、でクランク巻き戻し。セルフタイマーも装備されています。シャッター速度はT、B、1-1/1000秒。というハイスペックです。
このレンズもヘリコイドにはかなり深い溝がありますが、f1.8とは異なり、色は黒一色です。
レンズ構成は、典型的f1.5のゾナータイプ。f1.8の個体とは同じゾナータイプとは思えないほど、切れの良いレンズです。ただ、不思議なことに開放f1.5の時だけは、かなり強烈な味わい(?)を示してくれ、まさにお気に入りのパターンです。

Tanar 5cmf1.5 is very fast lens among Tanar next to dream f1.2 lens. It is said that the number of production might be 500, but I am not completely sure.
This lens was adapted to Tanack SD made in 1957. Tanack SD is a very high spec camera having similar image with Nikon S2 equipped with actual size parallax auto-correction finder of 60mm range finder baseline. Lever winding Crank re-winding. T,B,1-1/1000sec.
This lens has similar notch with Tanar f1.8 lens, but not white..
Composition of this lens is typical f1.5 Sonnar type, but shows very sharp image compared to 5cmf1.8 lens I have.
Beside above, it show very fun and exciting expression at the full apperture which I really love.

 Photos with Tanar 5cm f1.5
 
2013
Kyoto,Omi
(京都、近江) M9

使い勝手が優れていたせいで、同じ京都でもf1.8に比べてかなり多くの枚数をこのf1.5で撮ることになりました。
開放と絞り込んだ画像をランダムに貼ってありますが、その描写の違いから一目で判別いただけると思います。
開放での周辺光量低下、ゾナータイプにしては派手な、しかしダブルガウスタイプによるものとは味わいの異なった2線ボケなど、非常に楽しめるレンズです。

I took much more photos than of f1.8 lens because of the difference of usability in Kyoto.
I placed photos of full apperture and closed apperture at random, but you might easily find which with their difference of description.
This is a very enjoyable lens with peripheral low light by vignetting, and different taste 2 lines bokeh which is rather stronger as Sonnar type but definetely different from that of Double Gauss.